サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

餓死で亡くなってしまう。救われた幼き命。2か月後、奇跡が起きた。

Pocket

世界の発展途上国には飢餓で苦しんでいる子供が沢山います。

そんな中、栄養失調で命を失いそうになっていた子供がいました。

保護された子供は2か月後奇跡を起こします

貧困、飢餓、西ナイジェリアの現状

出典:plaza.rakuten.co.jp

アフリカ最大級の人口がいる国。

アフリカ経済の4分の1を占める規模を持つ経済大国。

ナイジェリア統計局の発表によると、2013年のナイジェリアのGDPは約5100億ドル、一人当たりのGDPは3,082ドルで、

世界平均のおよそ30%の水準、世界ランクでは24位に位置する。

先進国と変わらないデータです。

しかしデータとは反比例し、人口の多くは貧困に苦しみ飢餓により命を落とす人の数は減少していかない現状です

飢餓の犠牲になる子供たち

出典:www.dinnoedhjaelp.dk

2016年1月、医療ボランティア団体により救われた幼い命があった。

彼の名前はホープちゃん、2歳。

彼は両親から魔女だと信じ込まれ道端に捨てられてしまったいました。

彼の身体は限界までやせ細り、餓死寸前でした

デンマークにあるNGO団体、Din Dnationはナイジェリアの貧困に苦しむ子供たちを救出するためにAnja Ringgren Lovénさんにより作られました。

そしてホープ君は1月31日、路上で消えかけていた命をAnjaさんにより発見され、すぐに必要な医療措置が施されたのです。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook