サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

氷点下の中、道路脇で飼い主を待ち続ける一匹の「シベリア忠犬ハチ公」

Pocket

氷点下の中、道路脇で飼い主を待ち続ける一匹の「シベリア忠犬ハチ公」

こういう光景に出くわしたりニュースを聞いたりすると本当に胸が打たれます。こちらの犬の飼い主は、実は2014年に交通事故でこの世を去ったのです。

車による事故でこの世を去った飼い主が戻って来ることをひたすら信じて、この犬はもう一年以上も同じ場所で待ち続けています。

自然愛好家たちがこの犬を助けようと、その場所から移動させようと試みたものの、犬は頑なにこの場所に留まる態度を見せました。ただ、ここはシベリア。氷点下-5℃にもなる寒さの中、道路脇で佇む犬にとっても厳しいもの。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook