サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

売れ残った片目の子犬。子供たちが、どうしても飼いたがった「ある理由」に感動。

Pocket

売れ残った片目の子犬。子供たちが、どうしても飼いたがった「ある理由」に感動。

あるペットショップでは、片目しかない子犬が販売されていました。
この子犬の名前は「シャイナー」。

片目のシャイナーは、誰にも迎え入れてもらえませんでした。

そんな時、ある子供たちがこの子犬を見て「飼いたい!!」と申し出たのです。
しかも、
他の犬ではなく片目を失っている子犬を飼いたい
と言っているのです。

なぜ子供たちは、片目を失っている子犬を飼いたいと言ったのでしょうか?
それは、子供たちの思いやりを感じるには十分すぎる理由でした。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook