サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

小児ガンに苦しむ余命数週間の4歳の娘… その様子をFacebookに投稿する父親の痛切な思いとは

Pocket

アンディ・ウェランさんはイギリス・ランカシャー州のオズワルトウィスルに住む電気工。アンディさんの4歳になる娘・ジェシカちゃんは小児ガンを患い、余命数週間と宣告されています。アンディさんは娘のジェシカちゃんの写真をFacebookに投稿し、世界に向かって「小児ガン」の現状を発信します。


辛い現状を写真に残すということ

アンディさんの4歳の娘、ジェシカ・ウェランちゃんは、神経芽細胞腫のステージ4という診断を受け、2015年から1年以上もガンと闘い続けてきました。
 
アンディさんはそんなジェシカちゃんの様子を写真に撮り、Facebookに投稿してきました。そこにはどんな意図があるのでしょうか。
 
アンディさんはFacebookで次のように思いを綴っています。

写真家として真実を捉えること、現実の状況をつかむことは大切なことです。
 
これは私が今まで捉えた中で、最もつらい写真ですが、ここには私の4歳の娘の真実があるのです。

出典:www.facebook.com

親として何もできない、という無力感

昨年、当初は感染によって引き起こされる骨の炎症と診断され、ジェシカちゃんは10週間入院しました。しかし、退院間際にもう一度行われた検査によって、肝臓の周りに大きなガンがあることが判明しました。
 
その後、化学療法を実施しましたが、期待された効果が出ず、さらに臨床試験薬まで投与されました。

出典:www.facebook.com

アンディさんは次のように語ります。

この写真(このページの1枚目の写真)は、親として私たちが何もしてあげられない瞬間に撮影されたものです。娘は私たちとは関係ないところで、孤独の中で焼けるような痛みを乗り越えてきたのです。
 
これがガンの本当の姿です。私の小さな娘の血管は皮膚の下から突き出ていました。彼女の体は硬直し、顔は苦痛で歪み、1粒の涙が頬を伝い流れていました。
 
このようなことは稀に起こるわけではありません。これは昼夜を問わず、私たちが常に見つめ続けてきた光景なのです。しかもその頻度はさらに増しています。

出典:www.facebook.com

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook