サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

女性は託児所で預かった子ども達を命懸けで守った

Pocket

女性は託児所で預かった子ども達を命懸けで守った

米国モンタナ州のローナンに暮らすマーサ・マックルーアは、子どもが大好き。 自身も5人の子どもをもつ母親であり、20年前から自宅で託児所をひらいています。
「朝の6:30にお母さんたちが子どもたちを預けに来たら、その子たちは私の子どもになるの。私は保護者として、みんなを守らなくちゃならない」

しかし実際に子どもたちを守ることになるなんて、マーサ自身も想像もしていなかったことでした。

10月7日の早朝、フランシス・ジョセフ・ジャクソンが恋人の女性を連れてマーサの託児所を訪れました。自分の3人の子どもたちを迎えにきたのです。マーサは、車から降りてきたフランシスの様子を見てすぐ、彼が酔っぱらっていることに気付きました。

フランシスはだいぶ前に子どもたちの親権を失っていました。兄弟は親戚の家に引き取られましたが、フランシスはこの子どもたちに会うことを許されていなかったのです。この事情を知っているマーサは、もちろんフランシスの要望を受け入れるつもりはありませんでした。そして、子どもたちは渡せないと彼に伝えます。しかしそれを聞いたフランシスが狂ったように暴れだし、子どもたちの目の前で殺してやるとマーサを脅迫したのです。

マーサはこのとき、子どもたちを安全な場所に移す方法だけを必死に考えていましたといいます。そしてフランシスに体当たりして彼を玄関の外に押し出すと、ドアを閉めて鍵をかけました。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook