サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

「余命2ヶ月」と宣告された女性。奇跡のドナー提供者出現で運命の出会いから結婚へ

Pocket

「余命2ヶ月」と宣告された女性。奇跡のドナー提供者出現で運命の出会いから結婚へ

2014年3月。ヒース・クルーガーさんは医師にステージ4の肝疾患と診断されました。主治医は彼女に生体肝移植ドナーを探すように勧めました。

「生存の可能性は2ヶ月未満と宣告されました」と、ヒースさんはABCに語っています。

イリノイ州・クランクフォートのヴィレッジで働く元海兵隊員のクリス・デンプシーさんは、ヒースさんのいとこにあたる同僚からドナー提供者を探しているという話を聞きました。

「その話を聞かされた時、何のためらいもなく彼女を助けたいと思いました」とクリスさん。

彼は、ドナー候補者として適合性の確認検査や健康検査を受けることになりました。
「彼から電話が来たんです。適性検査が厳しくなると話しました。『私はあなたのドナー提供者です』、と言われましたが信じることができませんでした」と、ヒースさん。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook