サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

障がいを持つチワワが教えてくれる『本当の幸せの探し方』が考えさせられる

Pocket

障がいを持つチワワが教えてくれる『本当の幸せの探し方』が考えさせられる

チワワのピー・ウィーはとても明るく元気な男の子です。生まれつき前足はありません。そんなピー・ウィーは私たちにこう語ってくれます。

「ボクには確かに前足がない。だけどそれは僕にとって特別なことだとは感じていないんだよ。だって、見て!僕はひとりで立つこともできるし、誰よりも早く走れるんだ。」

健常者が障がいを持って生まれた命に接したとき、どうしても最初に「可哀想だな」と憐れみの感覚を抱いてしまうかもしれません。

しかし、チワワのピー・ウィーは、そんなことを感じる必要がないことを教えてくれます。

「ボクの姿を見て、不幸だとか可哀想だとか、大きなハンデを背負って生まれてきたんだな、なんて思うんでしょ。でも、ボクの元気な姿を見てどう思う?」

「ボクは生まれてきて本当に幸せだって感じているんだ。だってお日様の温かさや芝生の香りを感じることができたし、他の仲間たちと一緒に遊ぶ楽しさだって知ることができたんだから。」

「最近、ハマっているものがあるんだ。それはね、日本の”忍者”さ。どう?忍者ウェアも似合っているでしょう!?NINJAグッズに囲まれているだけで、生まれてきて良かったな~って幸せを感じちゃってるよ。こんなボク、変かな?」

本当にそうですよね。

生まれてこれない命もたくさんある中で、どんなにハンデがあろうとこの世に生まれたこと自体が幸せなんです。

ピー・ウィーからのメッセージにどれだけ多くの人たちが勇気と希望をもらっていることでしょうか。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook