サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

「娘のことを知ってもらいたい」蝶の羽のように脆い皮膚を持つ少女

Pocket

「娘のことを知ってもらいたい」蝶の羽のように脆い皮膚を持つ少女

英国の中部に位置するサットン・コールドフィールドに住むダニー・ラトハムは、2014年7月20日に娘を出産。長い間ずっと抱いてきた母親になるという夢が叶った瞬間でした。妊娠中に受けた超音波検査の結果も問題はなく、安心していました。しかし生まれた赤ん坊をダニーが腕に抱いたとき、医師たちは何かがおかしいことに気づきました。赤ん坊は泣くというより叫んでいて、痛みに苦しんでいるようだったのです。

詳しい検査で、赤ん坊の両手両足には皮膚がないということがわかりました。医師は何らかの感染症が原因だと判断し、薬による治療が可能だと考えました。若い母親は医師の言葉を信じ、それから事態が悪化するとはまったく予期していませんでした。

入院中、真夜中に目を覚ましたダニーは、医師たちが娘のベッドの周りに集まっているのに気がつきます。イスラと名付けた娘が症状の急激な悪化により命の危険にさらされていたのです。イスラに与えられた薬は症状を悪化させただけだけで、医師たちは赤い水ぶくれに覆われた小さなイスラの症状を抑えるための薬の処方を決めかね、なすすべがないという状況でした。このままでは赤ん坊は6週間ほどで死んでしまう可能性があると告げられたダニーは恐怖し、絶望したといいます。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook