サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> かわいい

保護されるも日に日に痩せ細っていた猫がある日突然回復! その驚きの理由を知ると微笑みが止まらない

Pocket

ある日、カリフォルニアの路上で野良猫の「ロミオ」が保護され、地元の保護施設に連れて行かれました。しかし、施設に入ってすぐ、ロミオは病気を患ってしまったらしく、日に日に痩せていったのです。獣医はロミオに、栄養のある食事を食べさせたりビタミン注射をしたりしましたが、どれも効果がありませんでした…


痩せていったその理由とは…

栄養のある食事を与えても、ビタミン注射を打ってもなかなか効果が出ない… そんな状態がしばらく続いた後、施設のスタッフやロミオを担当した獣医は、ロミオの治療方法が間違っていることに気づきました。それもそのはず、ロミオは病気が原因でやせ細ってしまったのではなかったのです。

ロミオが路上で発見され、保護されたとき、隣には野良犬の「ジュリエット」がいました。実はロミオとジュリエットは、ずっと一緒に路上生活をしていた恋人同士だったのです。

そう。なんとロミオは、大切な恋人との別れで、食事が喉を通らなくなっていたのです!

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook