サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

ダイエットコーラがこれまで言われていた以上に健康に悪いことを示す衝撃的な研究結果

Pocket

ダイエットコーラがこれまで言われていた以上に健康に悪いことを示す衝撃的な研究結果

冷たくて美味しいコーラ、すごく甘いのになぜかカロリーゼロ。不思議に思ったことはありませんか?
実は最近、この「ダイエットコーラ」と呼ばれる飲料水に隠された危険性が問題になっています。
これらの飲み物にはアスパルテームという人工甘味料が使用されているのですが、このアスパルテームはカロリーがほぼまったくないにもかかわらず、砂糖の200倍もの甘さを持つ成分です。

アスパルテームはソフトドリンクやチューイングガムなどに良く使用されていますが、最近では「ダイエット」をうたった食べ物などにも使われることが増えてきているそうです。

ダイエットしなきゃ、でも甘いものを我慢するなんてできない。そんな人にとっては非常に魅力的なものだといえるでしょう。しかし、人工甘味料は砂糖に比べて身体にあまりよくない影響をもたらすというのもまたよく知られた事実です。そして今回、この人工甘味料を使った「ダイエット」食品に、これまで知られている以上の危険性が潜んでいることを示す研究結果が明らかとなりました。

アイオワ大学の研究チームは、アスパルテームに潜んでいる健康への危険性がこれまで考えられてきたレベルをはるかに超えるものであると警鐘を鳴らしています。6万以上の製品を対象とした10年間にも及ぶ長期間の研究の結果、人工甘味料が人体にももたらす悪影響が想定以上に大きいということが判明したのです。

この研究によると、「ダイエット」飲料を一日に2本飲む人は、飲まない人と比べて心臓・血管系の疾患を発症する確率がおよそ30%増加したという結果が出たそうです。また、同じ量の摂取で心臓発作による死亡確率も50%増加したということです。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook