サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

体がスーツケースに押し込められていた。到着した救助隊が、衝撃的なものを発見した。

Pocket

体がスーツケースに押し込められていた。到着した救助隊が、衝撃的なものを発見した。

スペインのサンタ・クルス・デ・テネリフェという町で、スーツケースの中にピットブル犬が押し込められ、道のゴミ捨て場に捨てられていたのが発見されました。
犬は、内側から小さな穴を噛み開け、そこから呼吸をしていました。

無事に保護された犬でしたが、発見されるのがあと20分遅れていたらゴミ収集車によって回収され、そのまま生きて戻ることはできなかったでしょう。

そのまるで奇跡のような救出劇から、この犬はスペイン語で奇跡を意味する「ミラグロス」という名前が付けられました。

救助の人たちが現場に到着したとき、彼らはまずスーツケースに大きな穴を開け、中の犬が頭を出して呼吸しやすくなるようにしたそうです。実際この作業はとても重要なものとなりました。スーツケースを壊して開ける作業が非常に難航したからです。ようやくスーツケースが開いてミラグロスを外に出そうというときに、作業にあたった人たちは犬の身体に複数の咬み傷があるのに気が付きました。

怪我を負っていたミラグロスは、獣医の元に送られ、治療が開始されました。想像を絶するつらい経験をしてきたにもかかわらず、ミラグロスは人間への信頼をすぐに回復していったといいます。獣医によれば、負っていた傷から察するに、元の飼い主から相当ひどい扱いを受けていたようだということでした。ミラグロスの人間に対する態度はまだぎこちなかったものの、傷は日に日に癒えていったそうです。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook