サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

未熟児で生まれた赤ん坊、2時間後に母親の腕の中で息を引き取る

Pocket

未熟児で生まれた赤ん坊、2時間後に母親の腕の中で息を引き取る

自分の愛情を惜しみなく与えられる子ども、そして家族。
これは、アメリカ・ケンタッキー州のウィンチェスターという町に暮らすアリッサ・ヤングが、幼なじみのジャスティンと恋に落ちたときから、夢見ていたことです。
2人が結婚して6年が過ぎたころ、アリッサは念願だった赤ちゃんを妊娠しました。

アリッサが自分の妊娠に気づいたとき、夫婦は大いに喜びました。しかし同時に、大きな不安を抱えていました。
実はアリッサは脳性まひとII型糖尿病を患っており、妊娠中に深刻な合併症を引き起こす危険があったのです。
しかし、夫婦はリスクを負う道を選びました。アリッサは、生まれてくる赤ちゃんのために、できることは何でもする覚悟でした。
そして超音波検査の結果、おなかの赤ちゃんは女の子だということが分かり、アリッサとジャスティンは娘にスカーレットという名前を付けることを決めました。

妊娠6か月目、19週目に入ったアリッサはこの日、定期検診を受けに病院を訪れました。
このとき、胎児の状態には特に問題は見られませんでした。赤ちゃんはこの頃のごく平均的な体重で、医師も特段気にするべきことはなにもないという話でした。

しかしそのわずか数日後、20週目に入ってすぐ、アリシアは突然激しい腹部の痛みに襲われます。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook