サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

鏡の裏に死後、癌で亡くなった少女のメッセージが見つかる

Pocket

鏡の裏に死後、癌で亡くなった少女のメッセージが見つかる

イギリスのレスター出身のアシーナ・オーチャードは、明るくて活発な12歳の女の子でした。
スポーツが好きで、特にボクシングがお気に入りだった彼女は、家では4人の妹と3人の弟の面倒を見る、家族思いの姉でもありました。

クリスマス前のある日、アシーナは自分のおでこにコブのようなものがあるとに気付きます。
ぶつけた覚えはなく痛みも無かったため、すぐに消えるだろうと心配はしていませんでした。

しかし同じ日、アシーナは自宅のキッチンで意識を失い、病院へと運ばれました。
検査の結果、コブだと思っていたおでこの膨らみは骨肉腫であることが判明します。

骨肉腫は、骨にできる悪性腫瘍のガンです。7時間にもわたる外科手術で腫瘍が摘出され、化学療法が開始されました。
しかし、進行性の速い癌は移転を続けます。ベッドから起き上がれない状態になってしまった娘を、両親は見守ることしかできませんでした。
「アシーナには、建設的に考えて、泣かないでと言われました。ガンがものすごい早さで進行していることを私たちは知っていました。

あの子はできる限り戦ったんです」母親のキャロリンは言います。

その後も癌と闘い続けたアシーナでしたが、13歳の誕生日を迎えて間もなく、家族に見守られながらその短すぎる生涯を閉じました。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook