サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 感動

顔の手術を経て、再び笑顔を取り戻した犬

Pocket

顔の手術を経て、再び笑顔を取り戻した犬

アメリカ・テキサス州で当てもなく街をさまよっているある犬が保護されました。犬は鼻の半分を失っていて口は裂けて開いていました。

歯が見えていたため危険そうにもに見えましたが、犬は途方にくれた様子で辺りをウロウロしているだけだったのです。

犬を一次的に保護した男性は、犬が「ビャルニ」という名前で、捨て犬ではなく飼い主の元から逃げ出してきたようだということを突き止めました。

しかし男性が飼い主に連絡を取ると、外見が悪いのでその犬はもういらないという信じられない答えが返ってきたのです。

犬の顔の傷は、他の犬との喧嘩が原因だと考えられています。

男性はこの飼い主の態度に怒りを覚え、仕方なくビャルニを身寄りのない犬の保護シェルターに連れて行くことにしました。

ビャルニは動物保護団体「セントフランソワーズ・エンジェルズ」に保護されました。

設立者であるアン・グラバーは、ビャルニが傷のせいで呼吸がうまくできず、うまく食べることもできないということに気づきます。

それでも人懐っこくスキンシップが好きなビャルニは、すぐにシェルターのボランティアスタッフたちの人気者になります。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook