サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

8kmも離れた場所から少女の命を救ったのは…?糖尿病アラート犬と少女の強い絆

Pocket

8kmも離れた場所から少女の命を救ったのは…?糖尿病アラート犬と少女の強い絆

アメリカ、ユタ州に暮らすサディちゃんは、生まれ持ったダウン症と1型糖尿病を抱えており、低血糖に陥れば意識障害を起こし命の危険を伴うため、両親は片時も目が離せない状態です。

そんな家族は『糖尿病アラート犬』の存在を知り、迎え入れることを決めました。しかし、この介助犬を迎えるには医療保険の適用はなく2万ドル(約200万円)もかかるため、親族や友人、地域コミュニティで寄付を募って費用を捻出しなければなりませんでした。

糖尿病アラート犬が来てからというもの、サディちゃんは安心して一人で眠れるようになり、両親も活発になっていくサディちゃんを見て、この犬を迎えて良かったと実感する日々を過ごせるようになりました。

糖尿病アラート犬はサディちゃんの様子に異変がないか見守り続け、まるで兄妹のように互いを信頼しあっています。

サディちゃんにとっても家族にとっても、糖尿病アラート犬はまさに命綱のような存在となっていくのです。

サディちゃんは、病気を抱えながらも学校生活を楽しんでいます。実は、学校内では糖尿病アラート犬と過ごすことができないため、先生方が常にサディちゃんの状態をチェックしてくれていました。

糖尿病アラート犬は、学校からサディちゃんが帰ってくるまの間、家でお母さんとお留守番をするのが日課です。

そんなある日、突然、糖尿病アラート犬が落ち着きなくウロウロし始め、お母さんに吠えるサインを見せます。さらにお母さんの腕を鼻先でツンツン突っついて異変をお知らせするのです。

お母さんは、「普段からおとなしいこの子がいったいなぜサインを?サディは学校に行っているのに。」と不思議に思いました。

しかし、明らかに糖尿病アラート犬は、サディちゃんの血糖値に変化があるお知らせをしているのです。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook