サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

7年間も里親を待ち続けるピットブル…メディアの力で里親探しが始まった

Pocket

7年間も里親を待ち続けるピットブル…メディアの力で里親探しが始まった

アメリカ西海岸のカリフォルニア州の民家から保護されたのは、3歳のメスのピットブルです。

近隣住人から動物保護団体『The Barking Lot』に犬の保護要請が入り現場に到着すると、犬は自分の犬小屋の屋根の上にいました。

実は、降り続いていた大雨のせいで、犬小屋の周りは水浸しになっていたのです。どのくらいの間ピットブルがこの状態で暮らしていたのか誰も知りません。

犬の飼い主は3週間前から入院中で、おそらくその間に大雨が降って小屋の上に避難したのでしょう。ピットブルは少なくとも3週間はこの状態で暮らしていたと推測されます。

動物保護団体は飼い主に愛犬を保護していることを伝えました。しかし、残念ながら飼い主の入院は長引くことがわかっていたため、愛犬を手放すことに同意するしかありませんでした。

動物保護団体は、保護犬に”レイン”と名付け、里親が現れることを期待します。しかし、半年経っても1年経ってもまったくレインに里親ができないのです。

スタッフやボランティアさんは、みなすでに保護犬を複数飼育しているため、レインを育てる余裕がありません。これは日本の動物保護団体も同じです。

それでも、週末になるとスタッフたちは、かわるがわるレインを自宅に連れて行き、十分に人間の愛情を与え続けました。

そのおかげでレインは人間にもよく懐き、他の犬とも仲良く遊べるとてもイイ子になっています。それでも里親が現れないことに、スタッフは次のように話しています。

「レインは保護した日から7年近く経つのに、未だに里親として手を挙げてくれる人がいません。本当にお利口でなんの問題もない犬なのに、どうしてこんな運命なのか不思議で仕方ありません。」

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook