サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

喜びのあまり、出血するほど尻尾を振り続ける保護犬の純粋さに感動

Pocket

喜びのあまり、出血するほど尻尾を振り続ける保護犬の純粋さに感動

マサチューセッツ州のブロックトン動物管理局に、街中を野良犬が歩いていると通報が入り、早速保護に向かいます。

そこでスタッフが目にしたのは、これまでに見たことがないほど全身傷だらけのオス犬でした。首輪もマイクロチップも装着されていなかったので、この野良犬の過去はまったく不明です。

しかし、皮膚に穴が空くほど傷だらけの体を見れば、相当辛い放浪生活を送っていたことが容易にわかります。野良犬を保護したスタッフですら、あまりにも酷い状態に直視することができなかったと言います。

しかも、彼の体はガリガリに痩せ、首のリンパ節はテニスボール大ほどに膨れ上がっていたのです。

動物管理局で保護犬の体重を量ってみると、わずか15ポンド(7キロ弱)しかなく常に飢餓状態にあったであろうと推測されます。

酷い傷は、毛包虫(ニキビダニ)が原因で、この病気にかかるとただれや脱毛、膿疱(のうほう)といった症状を引き起こします。毛包虫は母犬からも感性しますが、免疫力が低下していると全身に広がりやすくなることがわかっています。

保護犬は、長期間に渡る飢餓とストレスにより免疫機能が落ちていたため、ここまで酷い症状になっていたのでした。さらには、細菌による二次感染が起きていて、尻尾や背中から出血もしていました。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook