サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

心ない飼い主が体中ハチに刺されたピットブルを捨てる

Pocket

心ない飼い主が体中ハチに刺されたピットブルを捨てる

犬。それは人間の永遠の親友であり、主人に対して一生をかけて忠誠を貫く動物です。
しかし、残念なことに人間は犬に対して同様の接し方をしないことがあります。
今回ご紹介するスティンガーの場合もそうでした。ピットブルとの雑種であるスティンガーが生後10カ月ほどだったとき、この子は最悪の状態で獣医に運び込まれることになります。

スティンガーは、体中何百か所にわたってハチに刺されていました。
どうやらこの子は誤ってハチの巣に突っ込んでしまい、ハチから猛攻撃を受けたようです。
さらにまずいことに、スティンガーはハチに対してアレルギーを持っていました。そのため飼い主は、恐れからか、なんと動物病院にこの子を押し付けたまま立ち去ってしまったのです。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook