サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

いじめで自殺に追い込まれた少年の母親が公開書簡を書く

Pocket

いじめで自殺に追い込まれた少年の母親が公開書簡を書く

イギリスの中部の都市ウスター出身のフェリックス・アレクサンダーが、迫り来る電車に身を投げて自ら命を絶ったのはわずか17歳のときでした。 はにかみやのこの少年は、7年間にもわたりクラスメートたちからのいじめを受けていました。

2009年、フェリックスは通っていた公立校のクラスメートに、両親に対戦型オンラインゲーム「コールオブデューティモダン・ウォーフェア2」を遊ぶのを禁じられていると言ったことがすべての始まりでした。
引き金はほんの些細なことでしたが、それが招いた結果は運命を変えるほどの大きなものでした。
クラスメートはフェリックスをからかい、それから無視が始まり、その後もいじめはどんどんとエスカレートしていきました。
そのほとんどはオンラインで行われていました。
日夜問わず続く残酷な攻撃と屈辱に、逃げ道を見出すことができなくなってしまったフィリックスは自殺を決意するほど、追いつめられていたのです。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook