サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

破損したキリストの石像を地元アーティストが修復した結果→これじゃない感がすごい

Pocket

カナダにある「Ste Anne des Pins Catholic church」という教会には、「幼いキリストを抱いたマリア像」が設置されていました。しかし2015年10月に何者かによって、幼いキリストの頭部が破壊され、以来、ずっとそのままになっていました。

修復することの難しさ

本題に入る前に、「素人が修復することの難しさ」の最たる例をご紹介します。
 
それは2012年の出来事です。スペインにある教会「Sanctuary of Mercy Church」の壁に描かれていたキリストの肖像。それが時とともに風化し、下の写真のようになってしまいました。

その姿を見かねた現地の80代の女性が善意で修復したところこのような結果に…

…。 ま、全く別物ですね… この一件は世界的に話題になり、日本のメディアでも取り上げられました。
 
今回これと似たような事案がカナダで発生したのでした。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook