サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

僕の人生はこんぺいとう。小学6年生の発達障がいの子供が書いた作文が気づかせてくれること

Pocket

障がいを持った小学6年生の作文の書き起こしを紹介させて頂きます

少し長いですが動画もありますので最後までご覧ください

ぼくの人生はこんぺいとう

出典:www.google.co.jp

僕には「発達障がい」という障がいがあります。

障がいではあっても病気ではありません。

これは生まれた時からの障がいなのです。

僕の障がい名は「ADHD(注意欠陥多動性障害)」と「高機能自閉症」です。

他にも発達障がいには「LD(学習障害)」や

「アスペルガー症候群」「自閉症」などがあります。

僕に障がいがあるとわかったのは2歳9ヶ月の頃です。

しゃべり始めが遅く、不思議な言葉を言っていて、

走り出したら止まらないので障がいにくわしいお医者さんにみてもらったようです。

 

そのときに「ADHD」と診断されました。

不思議な言葉のことは「あ、宇宙語ですね」と言われたそうです。

その後、一年生の時、「高機能自閉症」と診断されました。

小学校に入ってからいじめが多くなりました。

からかわれている事もありました。

しかし、幼いころは「遊んでくれているんだ」と思っていました。

でもそのうち、いやがらせだと分かりました。

「ガイジ」とも呼ばれました。悲しかったです。

泣いて帰ることもありました。

 

そんな時お父さんは・・・

「発達障がいを持っていることは悪いことではない。悪いのはいじめる方だ」

と言ってくれました。

そう言われて、確かにそれが分かった気がします。

発達障がいにもいい所があります。

興味があることにとても集中したり、他の人が考えないようなやひらめきがあったりします。

パズルやマンガ作りは大得意です。

また、テレビで直観力が必要なクイズ番組では家族の誰にも負けません。

 

なんでも夢中になると

周りの様子が分からなくなることが欠点ですが

これが障がいの一つになるでしょう。

  
僕がまだ小さい頃、何かに夢中で線路に座り込んでいたそうです。

でも、近所の人が僕を家まで送ってくれたそうです。

 
3年生になった時、初めて僕の障がい名を聞きました。 

発達障がいを取り上げたテレビを見て、(発達障がいの)

「僕はどれ?」とお父さんに聞いたそうです。

聞いた時、僕は得に何も思っていませんでした。 

しかし、聞かれたお父さんは何を言おうかとドキドキしていたそうです。

 
友達と遊びたいけどどんなふうに話しかければいいか

どう反応すればいいか分からないから

友だちとケンカになったり友だちを泣かせてしまったりしたことがあったけど

僕は友達がたくさんほしいのです。

4年生の時、仲の良いクラスの友達と

どうすれば友達が増えるのか相談しました。

そして、みんなに手紙を書くことにしました。

夜まで書きました。

数日後、みんなに手紙を渡しました。

内容は・・・僕の障がいのことです。

みんなの反応は、内容を分かってくれて友達になってくれた人もいたけど

逆に、手紙を返したり、破っていたりからかわれる事が多くなったりしました。

これを聞いたお父さんは、「お前は勇気がある」と言ってくれました。

友達がいて嬉しいときがあります。

家で、好きなゲームを一緒にするのが楽しいです。

休み時間に自由帳に面白い絵を書いて友達に笑ってもらったり

友達にキャラクターを書いてもらったりするのも楽しいです。

そんなふうにして、仲良くできる友達がもっと増えると良いです。

また、最近からかわれることが少なくなってきました。

何もないということが平和だなぁと思います。

次のページでは少年から、健常者に向けて発達障がいの人と見たらというメッセージが記載されています

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook