サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 感動

160人の命を救う!自殺の名所に住み続けた”おじいちゃん”の物語

Pocket

日本でも年間3万人以上の方が尊い命を自らの手で絶っています。

ある町の自殺の名所と言われる場所がありました。

そこに住み続けたおじいちゃんのエピソードです。

自殺を救うおじいさんとは?

出典:www.abc.net.au

彼の名はドン・リッチーさん。

皆にちょっと変わった紳士と言われています。

住む場所として、通称「ザ・ギャップ」と呼ばれる自殺の名所の崖の向かいを、

敢えて選んでいるのです。

それも、自殺者を救うという目的だけのために。

出典:www.odditycentral.com

リッチーさんは、毎朝目覚めると、

まず窓の外を見て、誰かが絶壁に立っていないか確認します。

そこに誰かがいて、飛び降りそうな雰囲気の場合、

リッチーさんはただシンプルに、その人物の傍へ歩いて行き微笑み掛けながら

一つの言葉を伝えます

次のページではその言葉とエピソードをお伝えします

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook