サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

【閲覧注意】サーカス調教師を踏み殺し、86発もの銃弾を浴び射殺される… サーカスの闇を生きた象の悲しい最期

Pocket

サーカスというと、綱渡りや空中ブランコ、時には動物が華やかなショーを見せてくれ、そのパフォーマンスを楽しむ、というイメージがあります。「動物と間近で触れ合える場」と言えば聞こえはいいです。しかしその華やかな舞台の裏に潜む「サーカスの闇」があることはそこまで知られてはいません。


象の「タイク」

タイでサーカスに出演している「タイク」と名付けられた象がいました。彼はなんと、ショーの途中で暴れ出し、調教師を踏み殺して外へと脱走してしまったのです。会場はパニックに陥り、そこら中から悲鳴が聞こえてきます。それまでずっと従順だったタイクは、なぜ暴れてしまったのでしょうか?

出典:youtu.be

サーカスという華やかな舞台の裏で、実はタイクは15年もの間、ひたすら虐待され続けていました。サーカスの調教師たちがタイクに対して行っていたのは、調教と呼べるようなものでは決してなかったのです。従順になるまで固い棒で何度も何度も叩きつけ、恐怖によって動物たちをコントロールする… それは虐待そのものです。

出典:youtu.be

出典:youtu.be

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook