サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

バスに置き去りにされた大型犬! 運転手がFacebookに投稿し情報を求めたところ、意外な事実が…

Pocket

イギリスで犬の置き去り事件が発生しました。置き去りにされていた場所は、あろうことか公共バスの後部座席です。運転手が異変に気が付いたときには、犯人はすでにバスから降りた後でした。その後運転手のとった行動により、事件は急展開。思わぬ事実が明らかになります。


バスに置き去りにされたスタッフォードシャー・ブル・テリア

イギリス・ロンドンを走る公共バスは、大型犬であっても利用できるので、愛犬家たちも犬と一緒に普通にバスを利用しています。
 
朝9:30ごろ、男性ふたり連れがスタッフォードシャー・ブル・テリアを連れてバスに乗り込んで来ました。普段通りにバスを運行していたポール・マックさんは、見慣れた光景がゆえに特に違和感は感じなかったと言います。しかししばらく走行したのち、運転手のマックさんは犬がポツンと取り残されていることに気付いたのです。慌てて5分間だけ運行をストップし飼い主がいないか確認しましたが、時すでに遅しでした…

朝、犬を連れて乗ってきた男性ふたりこそが、まさに犬を置き去りにした犯人だったのです。一般的にロンドンのバスは前払い制で、そのまま後方の扉から下車できるシステムなので、マックさんも気が付くのが遅れたのでしょう。会社側からバスの運行が終わるまでは、犬をバス内に留めておくように言われ、マックさんはその日の運行を終えると、大急ぎで車内の犬の元へと向かったのでした。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook