サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

住む家も飼い主も視力も失ったダックスフンドが保護されて安堵の涙… その写真に胸が締めつけられる

Pocket

住む家、飼い主、視力… そのダックスフンドは生きていくために必要な3つの要素を失い、動物ケアセンターに保護されました。

保護犬の写真を撮影

18歳のダックスフンド「Muneca」が、アメリカ・ロサンゼルスにあるボールドウィンパーク動物ケアセンターに保護されました。ダックスフンドの18歳は人間でいうと90歳を越えています。そんな高齢のMunecaは、住む家も飼い主もそして視力も失って、ケアセンターにたどり着きました。

このケアセンターでは長年、保護犬たちに新しい家族が見つかるようにと、犬たちの写真を撮るプロジェクトが行われています。ボランティアでその写真を撮るのはエレインさん。Munecaがセンターに到着すると、その姿が写真に収められます。
 
全てを失うも無事に保護されたMunecaは安心したのか、目から大粒の涙が… 保護されるまでの過酷な日々が想像され、胸が苦しくなります。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook