サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 感動

ホスピスで人生の最期を過ごすおばあさんのお願い「もう一度、子猫を抱きしめたい」

Pocket

ホスピス「グローブス・コミュニティ・ホスピス」で暮らすキャロルさん。病気と高齢のため最期の時をゆっくりと暮らしていました。


おばあさんの唯一の願い

ある日、ホスピスのスタッフがキャロルさんに尋ねます。

何か欲しいものある?

するとキャロルさんは、こう言いました。

もう一度子猫を抱きしめたい。

それを聞いたスタッフは、キャロルさんの願いを叶えるために、地元の保護団体『グレートプレーンズSPCA』に相談しました。

「私たちは、子猫を求めているという居住者がいると聞いて。ホスピスからのお願いを断る理由なんてありませんでした。ペットには人の心を癒す不思議な力があるから。」

子猫達がホスピスに到着すると、スタッフは大きなバスケットに子猫達を入れました。

そして、みんなでキャロルさんの部屋に運ぶと、キャロルさんは興奮しながら子猫達を迎え入れたのです。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook