サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 驚き

譲り受け大切に育ててきた子犬。衝撃の事実によりお別れすることに。

Pocket

アメリカ・アリゾナ州に住む若い男性は通りかかった家で「子犬を譲ります。」という張り紙に気づき、その家のドアをノックしました。家主さんと話をして子犬を引き取ることになりました。


子犬をネオと名付けた

ネオと名付けられ、すくすくと成長していきますが毛並みや体格が他の犬と少し違うように感じていました。

なにより、しつけがうまくいかず悩んでいたのです。

男性は、大学生だったため日中は家を空けることが多かったため、その間、家の裏庭でネオを遊ばせていました。しかし、ネオは頻繁に裏庭から脱走するようになったのです。

ある日、ネオは近所の家に忍び込み、他の犬と遊んでいるところを発見されます。

フェンスを高く頑丈なものに変えても、ネオはすぐに嚙み砕き脱走を繰り返したといいます。

しばらくして、ネオの頻繁な近所の家への訪問と奇妙な行動が気になり男性はアリゾナ州南部の動物愛護協会に連れて行きました。

そこで衝撃の事実が判明します。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook