サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 感動

奇跡は諦めない気持ちの先に… 神経異常で突然歩けなくなった犬がその苦難を克服した姿から学んだこと

Pocket

飼い主のジェニーさんとともにふたりで暮らしている愛犬の「サミー」。それまで元気だったサミーがなんと、ある日突然歩けなくなってしまったのです。原因は脊髄神経の異常。そのために手足が麻痺してしまったのです… ジェニーさんは手術を受けさせたのですが、サミーの状態は一向に改善せず、歩ける気配すらありませんでした。しかし、ジェニーさんもサミーも諦めなかったのです。


突然歩けなくなったサミー

アメリカ・カリフォルニア州に住むジェニーさんは、8歳になる愛犬のサミーとのふたりで暮らしていました。しかし、ある日突然その暮らしが一変してしまいます。
 
それまで元気だったサミーが突然歩けなくなったのです。動物病院で診断してもらった結果、サミーの首に異常が発生し、手足に麻痺が出てしまったことで歩行困難になっていると分かりました。

出典:youtu.be

サミーには脊髄の骨を摘出する外科手術が行われましたが、一向に良くなる気配はありません。獣医師からは「サミーは2度と歩けないかもしれない」と告げられました。

諦めないふたり

ジェニーさんはさまざまな方法を考えました。独自で調べた結果、同じカリフォルニア州に動物リハビリテーションセンターがあることを知るのです。
 
「歩けなくてもいい、せめて立てるようになってほしい」
 
そんな願いを込めて、サミーを動物リハビリテーションセンターに託すことにしました。その日から、サミーへのリハビリが始まります。サミーの胴体にタオルを回し、スタッフたちが数人がかりで体を持ち上げて、歩く感覚を取り戻させるリハビリは見ているだけでも大変そうです。

出典:youtu.be

お腹の下にバランスボールを置いて、立つための筋肉を付けたり、体全体を委ねられる歩行器を利用して1歩、また1歩と前に進ませるリハビリなど、スタッフたちも決して諦めません。なにより、サミー自身の心が折れませんでした。一生懸命、毎日のリハビリプログラムに取り組むのです。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook