サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

米・スターバックスに犬用の裏メニューが?! 保護犬の里親探しに一役買うその取り組みとは

Pocket

保護犬は、保護施設では日々を孤独に過ごすことが多いです。誰かが自分に気付いて家に連れて帰ってくれないかなと待ち続ける生活… そんな中、とある保護団体が犬たちの待ち時間が少しでも楽しくなるようにとある取り組みを始めました。


アメリカのスターバックスが提案

2016年4月にアメリカ・ワシントン州にある動物保護団体「Kitsap Humane Society」が「The Puppuccino Pals Program(パプチーノ仲間プログラム)」という取り組みを開始しました。毎週火曜日に、この団体のボランティア職員であるモリー・クラークさんが施設から1匹の犬をスターバックスに連れ出します。目的は、犬に「パプチーノ」をご馳走することです。

このパプチーノとは、スターバックスの犬用のシークレットメニュー。小さなコップにホイップクリームが入っているのだそうです。保護犬たちは施設から外出をして息抜きをし、ドライブを楽しんでご褒美を満喫するのです。スターバックスの店員たちは、そんな犬たちの嬉しそうな姿を写真に収め、店内に『The dog of the week(今週の犬) 』として紹介しています。それを見た誰かがその犬の里親になってくれることを願っているのです。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook