サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 感動

母への思いが胸を打つ… 小学4年生が書いた『ぼくがいるよ』

Pocket

みなさんは、小学4年生の男の子が書いた『ぼくがいるよ』という作文をご存知でしょうか。その作文は、2014年の第5回「日本語大賞」の小学生の部で文部科学大臣賞に輝きました。その受賞から2年経った今、Twitterのとある投稿がきっかけとなり再び話題になっています。


『ぼくがいるよ』

小学4年生の森田悠生さんが書いた『ぼくがいるよ』。2014年の第5回「日本語大賞』の小学生の部で文部科学大臣賞に輝いたこの作品が、今再び話題となるきっかけとなったTweetがこちらです。

Tweetされてから30,000回近いリツイート。改めて拡散されています。
 
※全文は次のページに書き起こしています。

出典:twitter.com

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook