サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

この赤ん坊は巨大な腫れ上がった頭を持って生まれてきた。20ヶ月後、医師たちはこの子がどうなっているか信じられなかった。

Pocket

この赤ん坊は巨大な腫れ上がった頭を持って生まれてきた。20ヶ月後、医師たちはこの子がどうなっているか信じられなかった。

ライアンとクリシー夫妻は待望の息子のパーカーを初めて抱いたとき、同時に厳しい現実を受け止めることになりました。

2人は、息子の姿を見て不安と恐怖でいっぱいになったといいます。

パーカーは頭蓋骨縫合早期合併症(頭蓋が早期に癒合した結果生じる頭蓋の変形。狭頭症とも呼ばれる)と水頭症の両方を持って生まれてきました。

その結果、普通の新生児の頭蓋骨内は90〜95%が脳で満たされているのに対し、パーカーの頭蓋骨内には脳が5%しかありませんでした。

生まれてからわずか数日後、パーカーは頭蓋骨内の余分な髄液を吸引する手術を受けます。2週間後に自宅に帰ることが許されたパーカーは、それからすぐに理学療法を開始しました。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook