サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

怪我を負った子犬が足を引きずってポーチに近づき倒れた。彼らが発見したものに縮み上がる。

Pocket

怪我を負った子犬が足を引きずってポーチに近づき倒れた。彼らが発見したものに縮み上がる。

2015年5月10日、アメリカ・カンザス州北東部に位置するトピカで、深い傷を負ったピットブルの雑種犬の子犬が教会のポーチで倒れていました。

通りかかった近隣の住民が子犬を発見し、すぐに動物保護団体「Unleashed Pet Rescue」に連絡を取りました。この傷ついた動物を見た保護団体の女性スタッフは、怒りに震えたと言います。

子犬は全身が腫れあがり、目は開けられず、首と頭には大きく開いた穴のような傷がありました。

自力で歩くことができず、尻尾を少し振って頭を少し持ち上げることができる程度でした。

子犬は違法の闘犬に使用されたのではないかと考えられました。

「心が痛みました。どうしてこんなことをする人がいるんでしょう?それから私は、毎晩彼に会いに行きました」保護施設の女性スタッフは言います。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook