サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

少年が妹に最後の贈り物をあげると、みんなが涙に声を詰まらせた。こんなこと起こる必要なかった。

Pocket

少年が妹に最後の贈り物をあげると、みんなが涙に声を詰まらせた。こんなこと起こる必要なかった。

それはクリスマス直前のある冬の日でした。姪っ子の輝くような笑顔を思い浮かべながら、ある女性がプレゼントのぬいぐるみを選んでいました。
持ち合わせはいくらかと財布の中身を確認していると、通路の奥から鼻をすする音が聞こえました。目をやると小さな男の子がそこに立っていました。

それは、8歳か9歳くらいの男の子でした。

青いウールの帽子から茶色いカールした髪の毛がのぞいていて、コーデュロイのズボンは何度も洗われたのか色落ちし、靴紐はぐちゃぐちゃと結んであります。

男の子は、悲しい目をしていました。女性は財布を握りしめながら男の子に近づいて行きました。

どうして悲しそうな顔をしているのか気になったからです。

近くまで行くと、男の子は涙が溢れてくるのを必死に我慢しているような顔をして、手首にはピンクのリボンが巻いてありました。どうして…?

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook