サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 感動

早朝の玄関先で発見した子猫は目が開かなかった。そして、男性の献身的なサポートにより元気を取り戻す。

Pocket

この日はフロリダで本当に暑い日でした。ショーンさんは窓の外で鳴いている子猫の声で目が覚めました。家の外に行くと、玄関先で寂しそうに鳴く子猫を発見したのです。

出典:www.lovemeow.com

子猫は人間に慣れていないようで、ショーンさんをとても怖がっていました。

子猫は感染症のため目が開けないようでした。最初はその姿を見て、盲目の子猫だと思ったそうです。

子猫はとても痩せており獣医に連れていきました。そして、感染症と衰弱でボロボロだった子猫は、そのまま1週間入院することになりました。

出典:www.lovemeow.com

1週間後、ショーンさんは再び動物病院を訪れました。まだ学生のショーンさんは、入院費や治療費が高額の場合は支払うことができませんでした。しかし、獣医さんは入院中にかかった費用を一切請求してこなかったのです。

ショーンさんは子猫と一緒に自宅へと帰りました。そして、子猫を『サニー』と名づけます。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook