サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

難病で入院する子供たちと街の人々のコミュニケーション「Good Night Light」

Pocket

アメリカのロードアイランド州での長期の入院をしている子供たちのために、街の人々が「光」を届ける取り組みが話題です。


光を届けるコミュニケーション「Good Night Light」

出典:bigstory.ap.org

その取り組みはアメリカ・ロードアイランド州・プロビデンス川にあ「Hasbro Children’s Hospital」で入院し続けている難病の子供たちに、街の人が「おやすみ」という意味を込めて携帯用ライトなどを4回点滅させるというもの。

そして入院中の子供たちが街の人々に向けて病室の窓から「ありがとう」の意味を込め2回光を点滅させるコミュニケーション。

このコミュニケーションが毎晩20時半より行われているという。

子供たちはこの光景を喜び、病気への不安な気持ちを慰められる子もいるそうだ。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook