サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

余命わずかな愛犬にもう一度雪を見せてあげたい!夏のテキサスに雪を降らせた人々の愛に感動

Pocket

余命わずかな愛犬にもう一度雪を見せてあげたい!夏のテキサスに雪を降らせた人々の愛に感動

9月に入っても、なお暑い日が続くテキサス州オースチンで、珍しく雪が降りました。

その雪は、ある家族の愛犬のために隣人たちが降らせた人工雪でした。

アシュリー(Ashley Niels) さんの愛犬スパンキー(Spunky)は12才になったシェパードとチャウチャウのミックス犬です。

先週、体調を崩して食欲のなかったスパンキーを心配したアシュリーさんは、自身が働いている動物病院で診察してもらうことにしました。

待っていたのは、ショッキングな知らせでした。

「スパンキーはガンで余命いくばくもない。苦痛を味あわせるよりも早急にスパンキーには安楽死を勧めます。」

スパンキーがアシュリーさんの家族のもとにやって来たのは12年前。まだ家族がウィスコンシン州に住んでいた時のことでした。

シェルターから譲り受けた子犬は大雪が降るウィスコンシンの冬をとてもエンジョイしていました。

雪の中をいつまでも駆け回るスパンキーは、本当に雪が大好きでした。しかし、8年前にテキサス州に引っ越してからは、ほとんど雪を見ることはなかったのです。

しかし、9月半ばでも最高気温が30度を超えるテキサス州で、雪を見ることは不可能です。

そんなアシュリーさんの願いを知り、動いたのはアシュリーさんの同僚たちと隣人たちでした。

スノーマシンをレンタルし、アシュリーさんの自宅の庭でスパンキーのために雪を降らせたのす。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook