サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

この熊は虐待の末ついに自由の身になった。しかし体から取り除かれたものは救出者たちに衝撃を与えた!

Pocket

この熊は虐待の末ついに自由の身になった。しかし体から取り除かれたものは救出者たちに衝撃を与えた!

熊胆(ゆうたん)は、クマ由来の動物性の生薬です。

中国や日本でも古くから漢方として重宝されてきた熊胆(熊の胆汁)ですが、中国には熊から胆汁を採取するための熊胆牧場が国内に多く存在しています。

そこでは、胆汁採取するためだけに多くの熊が飼われ、残酷な目にあっています。

これはある牧場で飼われ、生き地獄にいたメス熊のシーザーと名付けられた熊の物語です。シーザーは生涯の前半を、狭い檻の中で生きていました。

シーザーは身動きがほとんど取れない狭さ檻に入れられ、外すことのできない金属製のコルセットを着せられていました。

これは熊を生かしたまま胆汁を採取するためのもので、腹部を開き、管を入れて胆嚢を穴を開け、胆嚢から胆汁が流れ出る仕組みになっています。

麻酔もなく、24時間365日、このままの状態で生かされていたのです。体力的、精神的負担は計り知れません。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook