サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

医師は超音波検査の結果をみて女性に中絶を勧めたが、彼女は断った。これほどの勇気が自分にもあるだろうか。

Pocket

医師は超音波検査の結果をみて女性に中絶を勧めたが、彼女は断った。これほどの勇気が自分にもあるだろうか。

ホリー・ホジソンは妊娠しており、産まれてくる赤ん坊と母親になる自分の姿を想像して楽しみに待っていました。

しかし、妊娠12週目の定期検診で行った超音波検査の結果、彼女は衝撃的な事実を知らされることになります。

彼女のお腹の中にいた胎児は、腸壁破裂(ふくへきはれつ)という先天性の障害を持っていたのです。

腸壁破裂とは胎児に稀に発生する病気で、体内にあるはずの臓器が腸壁を突き破って体の外で成長してしまい、内臓が入り乱れた塊となってしまうというものです。

自分の子供に起きていると知ったホリーのショックは、計り知れないものです。

実は、彼女の担当医にはこの症状を持つ患者を過去に診察した経験がありました。

そのため彼は、胎児がこのまま苦しみ悶えながら短い命を終えるのを待つよりも、この段階で中絶という選択肢を選ぶことをホリーに勧めたのです。

ホリーと夫は、まずこの病気についての知識を得て、セカンドオピニオンを求めることを決めました。

その結果わかったのは、この症状を抱えた子供のうち90%~95%が無事に出産を経験し、そのうちの10%が感染症にかかって合併症を起こし、中には死に至った例もあった、ということでした。

そして夫婦は、医師からの進言を断り、リスクはあるものの出産するという道を選びました。

その7か月後、テディーは無事にこの世に生を受けます。超音波検査の結果通り、彼の内臓はすべて体の外に出てしまっていました。

医師たちはすぐさま対応策を講じました。彼らはテディーの身体を特殊なフィルムで巻き、身体と内臓を安定させたのです。

そして2週間後、テディーの身体の外に飛び出してしまっていた臓器を、お腹の穴から中に戻すという手術が行われました。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook