サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

ロシア版「忠犬ハチ公」のニュースに世界中が泣いた / 飼い主が亡くなっても病院で飼い主を待ち続ける犬

Pocket

ロシア版「忠犬ハチ公」のニュースに世界中が泣いた / 飼い主が亡くなっても病院で飼い主を待ち続ける犬

ロシアで起きたある出来事が、今世界中の人々の心を打っている。

そう聞くと、「ウソだろ!」と思う人がいるかもしれない。

ロシアといえば、言うまでもなく “おそロシア”。

本サイトで過去に幾度となく取り上げてきた通り、常識では考えられない事件が起こりまくっている国だからだ。

だが今回紹介するロシアのニュースは、今までのように “おそロシア” なものではない。

体がブルっと震えるのではく、むしろ心が震えるもの。内容を簡単に言うと……ロシア版「忠犬ハチ公」である!

そのストーリーがまた……涙腺崩壊もの。海外サイトが伝えている概要は、以下の通りだ。

飼い主が入院している病院に毎日通う犬

物語の舞台はロシアのシベリア。よりにもよって、ロシアの中で最もおそロシアな場所とも言える、あのシベリアだ。

ロシアの忠犬ハチ公は、「マーシャ」という。マーシャは、約2年前からシベリアにある病院に通っている。というのも、その病院にはマーシャの飼い主が入院していたから。

まるでお見舞いにでも行くかのように、マーシャは自宅から病院までの数キロの道のりを毎日欠かすことなく通い続けているという。

朝にやって来て、夜は帰って飼い主の家の番をしていたというから、マーシャの体力的な負担は相当大きかっただろう。

ちなみに、飼い主にとっては、マーシャが唯一の “訪問者” だったそうだ。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook