サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

食用犬を飼育するドッグファームから救済!韓国の活動家のよって海を渡った子犬たち

Pocket

食用犬を飼育するドッグファームから救済!韓国の活動家のよって海を渡った子犬たち

韓国には現在、約17000にも及ぶドッグファームがあるとされています。そして毎年、200万匹の犬たちがこれらのドッグファームにやってくるといわれています。

この数字を見て驚く方も多いのではないでしょうか?しかし、実際には韓国国内で犬食を依然として好んでいる人たちは少数派で、犬食文化を止めさせようとしている人たちが大半なのだそう。

韓国で動物愛護を提唱しているナミ・キムさんもそのひとりです。元教師の彼女は定年を迎えた後、ドッグファームから犬たちを保護することに人生を捧げています。

彼女はまた、ドッグファームを閉鎖させ、経営者に新たな仕事を紹介する手助けもしています。彼女の最終的な目標は、一連の負の連鎖を断ち切ること。

最近彼女が保護した300匹の犬たちのうちの10匹は、まだ数か月に満たない小さな子犬たちでした。どの子も新しい愛情溢れる家族を必要としていました。

そこで、できるだけ良い里親を見つけてあげたいと願った彼女は、アメリカのミネソタ州にある動物愛護団体アニマル・ヒューメイン・ソサイエティー(Animal Humane Society)に連絡を取ることにしたのです。

愛護団体の職員ブリー・ノッドガードさんによれば、彼女らは以前に動物の国際輸送経験がなかったために、計画を実現させるのに数か月に及ぶ準備が必要だったのだとか。ナミ・キムさんの希望に沿うことができて良かったと、彼女は語っています。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook