サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

耳の不自由な14歳少女が初めてお母さんの声を聞いた…感極まって涙

Pocket

耳の不自由な14歳少女が初めてお母さんの声を聞いた…感極まって涙

アメリカ・テキサス州ヒューストンに在住のブレアナさん(14歳)は、生まれつき重度の難聴のため、補聴器を付けても、かろうじてこもった音が聴こえる程度でした。

そんな彼女が人工内耳の移植を受け、初めてクリアな音を聞く瞬間がやってきました。

技術者の女性の声と、その次にお母さんの鮮明な声を聞いたときの様子をご覧ください。

技術者の女性の声に反応し、対話するブレアナさん。

14歳少女が初めてお母さんの声を聞いたとき02
そして技術者の女性が「お母さんの声は聞こえるかしら?」と指差すと……。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook