サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

【閲覧注意】事故死した猫の遺体を使いハンドバッグを作った剥製師の女性に賛否両論

Pocket

剥製師として15年ものキャリアを持つホブスさんはニュージーランドに住んでいます。今から約7年前、ホブスさんは近所の路上で1匹の猫が死んでいるのを発見しました。


路上で死んでいた猫を

ニュージーランドに住む剥製師のクレア・ホブスさん。今から約7年前、近所の路上で1匹の猫が死んでいるのを発見します。動物の遺体の扱いには慣れているホブスさんは、その猫の遺体を冷凍庫で保管しました。もしこの猫が飼い猫であれば、遺体を飼い主に引き渡したいと考えたからです。ホブスさんは3ヶ月間ほど「猫の迷子ポスター」が貼られていないか注意していました。しかし、その猫を探している人は誰もおらず、最終的にホブスさんは猫の遺体で何かを作ることを決めたのです。

猫のハンドバッグ

そして出来上がったのが猫のハンドバッグです。剥製師として15年ものキャリアを持つホブスさんはこのバッグを展覧会で公開し、7年経った2016年9月にオークションサイトで販売したのです。オークションのスタート値は1400ドル(約14万円)。このバッグが賛否両論を生みます。

出典:mashable.com

「最悪! あなたもバッグになればいい」
「死んだネコへの冒とくだ」

さまざまな非難が寄せられました。これに対しホブスさんは「製品を作るために動物を殺したことはない」と説明し、「世に出回っている革製品と何が違うのか」と疑問を投げかけました。
 
その賛否両論を生んだ猫のハンドバッグは次のページに画像を掲載しています。閲覧にはご注意ください。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook