サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

中国の”世界で最も悲惨な”シロクマを救え! イギリスの動物園が受け入れを表明するも…

Pocket

多くの非難が寄せられる

そんな牢獄のような動物園ですから、当然多くの非難が寄せられます。特に動物愛護団体「Animals Asia」は、2016年1月に「極地海洋世界」の閉鎖を求めて嘆願を開始しました。現在までに50万人以上の署名を集めたといいます。7月には、来園者が撮影したとされる「Pizza」の悲しげな写真がネットでも拡散し、世界中からこの動物園にさらに多くの非難が寄せられました。
 
このような動きの中で今回、イギリスのドンカスターという街にある「ヨークシャー野生動物公園」が「Pizza」の受け入れに名乗りを上げたのです。

広大な敷地を持つヨークシャー野生動物公園

ヨークシャー野生動物公園ではシロクマの調査保護プログラムを導入し、シロクマの生育しやすい環境を整え、現在4頭が住んでいます。その敷地は10エーカー(約4ヘクタール)と広大。さらに園内にはふたつの湖もあり、そのうちのひとつは8m以上の深さとなっているため、野生のシロクマと同じように潜ることができます。

Animals AsiaのDave Nealeさんはサイトの中で「『Pizza』は信じられないほど素晴らしい環境の中で楽しみながら暮らせるだけでなく、クマたちのコミュニティの一員にもなれるでしょう」と述べています。しかも受け入れは「極地海洋世界」が再びシロクマや同様の大型動物を飼わないことを前提にしており、彼らが新たな動物を購入しないよう金銭的な支払いをする予定はないそうです。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook