サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

「会いたいよう、会いたいよう」二度と戻らぬ飼い主の帰りを今か今かとひたすら待ち続ける犬

Pocket

「会いたいよう、会いたいよう」二度と戻らぬ飼い主の帰りを今か今かとひたすら待ち続ける犬(

アメリカ、カリフォルニア州オンタリオに住んでいた21歳のエイブラハム・マルティネスは2016年5月10日、車の事故で亡くなった。突然の出来事だった。

駐車場でエイブラハムの車は、猛スピードで突っ込んできた車に後ろから追突されたのだ。

その衝撃で、反対側にいたトラックに突っ込み、彼の体は車から投げ出された。

 エイブラハムの家族は皆、この事実を受け入れることができず、嘘だと思いたかった。悲しみと怒りで心が折れ、考えられないほどの絶望的苦しみに苛まれている。

それはエイブラハムがかわいがっていた愛犬のジャックスも同様だった。ジャックスはエイブラハムの遺影と遺品の前で静かに待ち続ける。

そして誰か訪問者が来ると猛ダッシュで玄関に行き、エイブラハムじゃないことがわかるとうなだれて家の中を探し回る。

彼は二度と戻らぬ飼い主が帰ってくるのを今か今かと待っているのである。

姉のアレクサンドラ・マルティネスは、「家族それぞれの人生にあいたこの大きな穴を埋めることなどとてもできない」と語る。

ジャーマンシェパードのジャックスが家にやってきたのは、生後6週間のとき。ジャックスはすぐに、エイブラハムと切っても切れない仲になった。

「ジャックスは毎晩エイブラハムの頭の上で寝ていたわ。大きくなると今度は自分がベッドを占領するようになった。

庭でエイブラハムが洗車していると、いつも隣の長椅子の上に座り、弟やわたしが家の中に入るまで、エイブラハムのそばを離れようとしなかったの」とアレクサンドラ。

仲睦まじくくらしていたマルティネスファミリー。写真のハスキーはジャックスではなく先住犬。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook