サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

マタニティーマークって知っている?知らなければいけない妊婦の現状!

Pocket

先日筆者が電車で若くて健常者だと見える女性に席を譲る男性の姿を見ました。

私は不思議に思い、電車の窓を見るとマタニティーマークの姿が。

私は恥ずかしくなり、このマタニティーマークの勉強をしました。

現状知らないと恥ずかしい事。

更に多くの人認知されていく事を祈ります

マタニティーマークとは?

マタニティマークとは妊産婦を表す日本のピクトグラムのこと。

特に妊産婦自らが身に付け、妊産婦の存在を喚起するためのマークを指す。

外見からは判別し難い妊娠初期の妊産婦に対する理解を得ることを主眼としている。

マタニティマークは上記の趣旨に沿ってデザインされたものに対する総称である。

出典:ja.wikipedia.org

どれだけ普及しているの?

マタニティマークについて知っていたか聞いたところ,

「知っていた」とする者の割合が53.6%(「知っていた」45.6%+「言葉だけは知っていた」8.0%),

「知らなかった」と答えた者の割合が45.7%となっている。

都市規模別に見ると,「知っていた」とする者の割合は大都市で,「知らなかった」

と答えた者の割合は小都市で,それぞれ高くなっている。

性別に見ると,「知っていた」とする者の割合は女性で,「知らなかった」
と答えた者の割合は男性で,それぞれ高くなっている。

年齢別に見ると,「知っていた」とする者の割合は20歳代から40歳代で,

知らなかった」と答えた者の割合は60歳代,70歳以上で,それぞれ高くなっている。

出典:survey.gov-online.go.jp

まだまだ普及しているとは言えない現状があります。

しかしマタニティーマークを付ける事によって起きるトラブルもあります

次のページでご紹介させて頂きます

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook