サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

たった10時間の結婚生活。末期がんの花婿。病室での結婚式に涙が止まらない

Pocket

たった10時間の結婚生活。末期がんの花婿。病室での結婚式に涙が止まらない

今年のはじめにRowdenさんとLeizelさんは2歳の娘の前で結婚式を上げることを約束した。

それは2014年7月8日、Rowdenさんの30歳の誕生日だった。 しかし、運命のいたずらか、Rowdenさんは5月下旬に末期の肝臓がんと診断されてしまった。

急速に病状が悪化するRowdenさん。彼の最後の願いは愛する彼女と真実の愛を誓うことだった。

2014年6月11日、病院の外に出ることが出来ない彼のために病室にて結婚式が行われた。

花嫁は美しく着飾り、家族もお祝いに訪れた。そして笑顔と涙に包まれた結婚式が終了した後、29歳の若さでRowdenさんは天国へ旅立った

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook