サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

死を目前にした愛犬が飼い主とバージンロードを歩く

Pocket

死を目前にした愛犬が飼い主とバージンロードを歩く

アメリカのコロラド州で獣医をしているケリー・オコーネルは、人生で最も幸せな一日を迎えようとしていました。

彼女の結婚式です。しかしケリーには、ハンサムな新郎のほかにも、この日どうしてもその場にいてもらいたい存在がいました。

それは彼女の愛犬で親友のチャーリーです。

ケリーは19歳のとき、真冬のショッピングセンターの駐車場で捨てられている黒いラブラドールの子犬のチャーリーを引き取りました。

その日から、1人と1匹は苦しいときも楽しいときもいつも一緒でした。しかし15歳になったチャーリーの脳に腫瘍が見つかります。

チャーリーに残された時間が少ないことを、ケリーは知っていました。

「実は結婚式の1週間前に、チャーリーを家で安楽死させてあげようと予約を取っていたんです」ケリーは説明します。

「これまでに5回も発作で倒れていて、『もうこれ以上、この子にこんな苦しい思いをせられない』と思っていました。

でも『僕も結婚式が見たい』とでも言うように、その日からチャーリーの具合が良くなっていったのです」

そして、ケリーの人生最大のイベントの日、彼女の4本足の友人は新婦の横をひとときも離れず、一緒にバージンロードを歩きました。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook