サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

全身タールだらけで呼吸困難!不安と恐怖から子犬を救ったインドの愛護団体

Pocket

全身タールだらけで呼吸困難!不安と恐怖から子犬を救ったインドの愛護団体

子犬は、道路工事に使われる「タールプール」で被害に遭ったようです。近所の少年が工事現場を通りかかると、そこには、真っ黒の物体に覆われた子犬がうずくまっていました。

顔から下の体は、工事で使われていたと思われるタールでベトベトになり、立つことはおろか、動くこともできない悲惨な状態だったのです。

少年は自宅に子犬を連れ帰り、インドの動物愛護団体「Animal Aid(アニマルエイド)」に1本の電話を入れます。
緊急保護したスタッフたちがセンターに戻り、必死の手当てが始まりました。

わずか3ヶ月だった子犬は、タールにまみれながらも、スタッフの与えた水をガブガブ飲み、必死に生きようとします。

同じくインドの工事現場周辺にあるタールプールで、この5ヶ月の犬も保護されました。顔、体、すべてがタールに覆われてしまっています。犬はタールプールの中に落ちた状態で発見されたのです。

タールの影響で、おそらく呼吸もままならかったのでしょう。アニマルエイドが駆け付けたときには、すでに瀕死の状態でした。

何とか動く「目」は、まさに不安と恐怖に満ちていました。タールプールの中で犬の体がくっついてしまっていたため、救助は、実に4時間をかけて行われたのです。

その晩、犬の体は硬直し、呼吸困難に陥っていました。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook