サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

「犬の寿命が人より短いのはなぜ?」愛犬を亡くした6歳の少年の答えに世界が涙

Pocket

「犬の寿命が人より短いのはなぜ?」愛犬を亡くした6歳の少年の答えに世界が涙

大型犬の「ベルカー」は、ロンさんとリサさん夫婦、息子のシェーン君と一緒に10年間を過ごしてきました。

シェーン君が大きくなるのと同時に、ベルカーは壮年期から高齢期へと移行していきます。そんなベッカーをシェーン君は大切に面倒見てきました。

辛いことや楽しいことをベルカーにたくさん語り、ベルカーもまたシェーン君の気持ちを理解して寄り添います。

もはや二人は飼い主とペットという関係を超え、同じ時間を共有してきた大親友です。

しかし、時間というものは、明らかに生き物の体に変化を起こす不思議な力を持っているようです。

シェーン君が6歳の賢い少年に成長していく一方で、10歳のベルカーの体はガンに蝕まれていくのでした。

ベルカーのガンはすでに末期を迎えており、獣医をもってしても打つ手はなく「安楽死」という選択肢を家族に提案します。

ロンさんとリサさんは、ベルカーにこれ以上の苦痛を我慢させ続けるのは酷だとして、獣医の提案した安楽死を受け入れました。

そして、それまで共に過ごしてきたシェーン君にもベルカーの安楽死に立ち会わせることを決めます。愛犬の死を通して、彼が何かを学べるかもしれないと思ってのことでした。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook