サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

医師たちは彼女に恐ろしいことを伝えねばならなかった。でも今の彼女の姿を見て!

Pocket

医師たちは彼女に恐ろしいことを伝えねばならなかった。でも今の彼女の姿を見て!

2013年頃、19歳のスェーデン人の少女、カザンドラ・ゼッターバーグは重い神経性無食欲症(拒食症)に苦しんでいました。

体重が30キロ未満まで落ち、骨と皮になってしまうまで自分を飢餓状態に追い込んでいたのです。

ある日、彼女は体温が急激に低下したため病院に搬送されます。

そこで医師に残された選択肢を伝えられました。それは、体重を増やすという恐怖に向き合うか、このまま死んでしまうかの2つの道でした。

カザンドラのことを、妹をはじめ家族みんながとても心配していました。

この10代の少女の写真を見れば、それも無理はありません。

死の可能性が生じ、家族は今まで以上に彼女が生活を変えることができるよう、励まし続けました。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook